top of page

No.120『オール・アバウト・マイ・マザー』

更新日:2023年4月26日

1999年 スペイン映画 ペドロ・アルモドヴァル監督 (All About My Mother)

母親にとり、息子は魔物かも知れない。 我が倅は12~13歳頃であったか、 「ママが死んだら骨を食べるよ。 そうしたら、僕のなかで生き続ける」と、確かに言った。 今年26歳となる彼は私を「美加さん」と呼び、かの発言など定かでないらしい。 アルモドヴァル監督は現在の映画界に於ける、 屈指の”ストーリー・テラー”である。 初期はゲイである自身のアイデンティティを ストレートに打ち出す作品が続いたが、 本作でアカデミー外国語映画賞を受賞したことをきっかけに、 その後の発想が拡がったと言える。

オールアバウトマイマザー.jpeg
オールアバウトマイマザー (2).jpeg

雨の夜、憧れの舞台女優の公演を観た母と息子に見舞われる運命。 演劇という絆で繋がってゆく女たち、そしてかつての男との末路。

”イ”の項で紹介した『イヴの総て』へのオマージュをしたためた、 アルモドヴァルの母賛歌。 女優陣の活きいきとした演技が光る。 ”病”というキイワードからは、この時世に観なおして欲しい作品かも。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page