top of page

No.308『紳士は金髪がお好き』

1953年 アメリカ映画 ハワード・ホークス監督

(Gentlemen prefer blondes)


深く開いた胸元と腿まで割れたスリット、

スパンコールがきらめく真っ赤なドレスを纏い、

並んで歌う二人のグラマー美女。

目の覚めるようなオープニングである!


大柄なブルネット(黒髪)はジェーン・ラッセル。

少し小柄なブロンド(金髪)はマリリン・モンロー。

一本木な姉御肌と、お金持ちにヨワい可愛い女、

二人のショウガールの珍道中が、

ゴージャスにカラフルに繰り広げられてゆく。




美加のレパートリーでもあるジャズソング"Bye bye baby”を

ジェーンとマリリンがそれぞれの個性で歌うシーン。

ジェーンがアスリートたちと絡む意味深なナンバー

”Ain't there anyone here for love"

そして、ピンクのドレスに身を包んだマリリンが歌い踊る

"Diamonds are a girl's best friend”などなど、

ミュージカル映画史上に輝く魅惑のシーン盛り沢山!

おまけにコメディエンヌとしてのマリリンの才能も炸裂、

大いに笑わせてくれる。


法廷シーンのジェーンの扮装に

ドキッとするひとも多いはず。

正反対のタイプと思いきや、

ジェーンとマリリンは目鼻立ちの配置が似ている?

たまに観かえすと「女であることを楽しまなくっちゃ!」と

思わせてくれる映画なんだよなあ…

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page