top of page

”宇野亞喜良展”

少女のころから、
彼の綺麗で怖くて 不思議なイラストに
惹かれていた。
観てはいけないものを
見たような、秘密めいた心の
”ざわめき”を教えてくれた
アーティストかも。

「東京オペラシティ 
     アートギャラリー」で
 ”宇野亞喜良展”を観る。








平日の昼、ゆったり鑑賞できるかと思ったが、
チケット売り場の列にびっくり!
原画から挿絵、ポスター、
オブジェまで、
たいそうな数の作品が
ひしめき合う会場。

大学生くらいから、80代もしくは
作者と同じ90歳くらいの客も見受けられ、驚く。
これほど幅広い年代の人々が
混在する展覧会は
初めてかも・・・

美加にとり”秘密”のアーティストであったが、
うわあ、こんなに皆の”マエストロ”だったんだなあ!
うれしいような、
くやしいような・・・

寺山修司そっくり人形、
越路吹雪コンサートのポスター、
近年の俳句を添えたイラスト作品などなど、
たっぷり2時間、会場に浸かってしまった!
図録を購入、
ゆっくり楽しもうっと・・・

6/16まで、お見逃しなく!
閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page