top of page

No.98『エスター』

更新日:2023年5月5日

2009年 米・カナダ・独・仏 合作映画 ジャウム・コレット=セラ監督 (Orphan)

「すこし与えて、すこし受けとって、すこし心が傷つくのが愛。              世界に見放されても、二人で手を取り合うのが愛の勝利」 ビリー・ヒルが1936年に作った”Glory of Love”の歌詞である。 ステージでも歌い、レコーディングしたこともあるMy favorite songのひとつ。

ジャズ・シンガーに限らずジャンルを超えて歌われている一曲であり、 映画でも『招かれざる客』(’67)『フォーエヴァー・フレンズ』(’88) 『素晴らしき日』(’96)などでフィーチュアされてきた。 そう、愛の応援歌とでも言うべき内容だものね! この愛すべき曲が、ホラー映画の隠れたテーマソングになろうとは、 想像だにしなかった。本作を知るまでは・・・。

エスター.jpeg
エスター2.jpeg

第三子を死産した妻とその夫は、互いに問題を抱えながら、 女子孤児院で利発な9歳の美少女を見初め、養子に迎える。 少女の大人びた態度や言葉が、 妻に疑惑を抱かせるのに時間はかからなかった。 さあ、一家の運命や如何に・・・。

ホラー映画の質は、実は映像でなく脚本で決まると信じる。 只のこけおどしで終わるか、 心にひっかかる寓話性を持つかの分かれ道であるから。 いずれも緊張感あふれる『ゆりかごを揺らす手』(’92) 『危険な遊び』(’93)などが彷彿となる。 最後に天才漫画家・楳図かずお作品『赤んぼ少女』の悲劇を加えた、 ショッキングな一作と呼びたい。 それにしても、バルセロナ出身のセラ監督、 なぜ”Glory of Love”を本作に散りばめたのだろうか・・・謎!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page