top of page

No.47『ある貴婦人の肖像』

更新日:2023年5月12日

1996年 イギリス映画 ジェーン・カンピオン監督 (The Portrait of a Lady)

ジェーン・カンピオン作品を初めて観たときのことは良く覚えている。 確か吉祥寺の名画座であったか。 初期の短編や中編。これまで観たことのない映像であったし、新鮮な衝撃を受けた。 ほどなく『ピアノ・レッスン』(’93)でオスカー・ノミニー(三部門受賞)となり、 このニュージーランド出身の女性映画作家はハリウッドでも認識され、 世界中の映画ファンに注目されることとなった。

ある貴婦人の肖像.jpeg

ある貴婦人の肖像②.jpeg

ヘンリー・ジェイムスの原作を映画化した本作は、 カンピオンが『ピアノ・レッスン』の成功の後に手がけた作品。 ファースト・シーンを観て、納得する。 ああ、まさしくカンピオンのテイスト! 女性のエロティシズムを美しく且つ官能的に映像化してくれる カンピオン、これは現在でも貴重なこと。 ハリウッド映画に於けるアクロバティックなセックス・シーンを見て、 煽情的になる女性はまずいないものね。

舞台となるのは1872年、ヒロインのイザベルは両親を亡くし、 叔父夫婦のもとで暮らす美しく利発な若い女性。 ニコール・キッドマンが力演する。イザベルの成長物語であるが、 注目すべきは若いイザベルの性への目覚めと執着を、 男性との直接的な恋愛以外でも表現している点。 これはぜひ、世の男性が観て、 女性の官能を導き出す手段として参考にして欲しい。

ストーリーがエロティシズムと遠くなっていくのがせつないが、 透明感あるニコールの魅力と、怪優ジョン・マルコヴィッチ、 現在は売れっ子となったヴィゴ・モーテンセンから、 往年の名優シェリー・ウインタース、Sir.ジョン・ギールグッドまで、 役者も揃っている一作。 ラストにはもうひと工夫、欲しかったなあ・・・

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page