top of page

No.334『素晴らしき休日』

1938年 アメリカ映画 ジョージ・キューカー監督
『素晴らしき休日』(Holiday)

舞台出身のキューカーが、
戯曲の映画化を流麗に
こなした一作。
"御曹司と貧しい娘"は
悲恋になってしまうが、
"苦労人と令嬢"なら、
スクリューボール・コメディに
仕立てやすいらしい。



演じるのは、
実際にコニーアイランドの
アイスクリーム売りから
ハリウッド・スターとなった
ケーリー・グラントと、
気位の高い役が似合う
キャサリン・ヘプバーン。

日々を持て余す金持ち一家と縁組となった、
"Holiday"を知らない叩き上げ男。
すべてを手にしている令嬢の求めるものや如何に…
最後の最後まで観客の心を
惑わせる脚本がニクらしい。

ヘプバーンとグラントは
キューカー作品『男装』('35)での初共演後に本作、 そして『フィラデルフィア物語』('40)などでも
息の合った丁々発止を繰り広げている。
閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page