top of page

No.322『スケアクロウ』

1973年 アメリカ映画

ジェリー・シャッツバーグ監督

(SCARECROW)

こんなに風の音が鳴っていたのか。

映画史上、最も愛すべき凸凹コンビが往き会う、

ファースト・シーンである。

寒がりの大男マックスにジーン・ハックマン。

剽軽な小男ライオンにアル・パチーノ。





孤独を欲しいままにする男と、

孤独ではないと信じたい男。

人生に怒る男と、

人生に笑いかける男。


”RORD MOVIE”なんて洒落るに似つかわしくない、

男ふたりの旅路。


友とは何だろう。

人と人が出会い、いつから“友”になるのだろう。

大人が「友だちになろうよ」なんて口にするわけはない。


そいつのために怒り、

そいつのために泣く。

ライオンを傷つけたムショ仲間を

マックスが殴り続けるシーンは、

何度観ても涙が出る。


なんの確証も、しがらみも、約束さえない関係こそが

友情なのだと信じてしまう、

アメリカン・ニューシネマを代表する逸品。


名カメラマン、ヴィルモス・スィグモンドの手になる、

アンドリュー・ワイエスを想わせる

風景描写も忘れ難い。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page