top of page

No.311『シリアル・ママ』

1994年 アメリカ映画 ジョン・ウォーターズ監督

(Serial Mom)


ジョン・ウォーターズに驚いてはいけない(笑)

人が出来ないことを平然とやってのけ、

「映画は作りものだからね」と笑いのめす。




こぎれいなサバービア、
明るい陽光のなか、次々に起こる殺人!

お下劣ジョークも厭わない
ジョン・ウォーターズ・ワールドで、

”シリアルキラー・ママ"を演じるのは、

10数年まえに『白いドレスの女』(’81)での ファム・ファタルぶりで

ブレイクしたキャスリーン・ターナー。

夫に扮するノッポのサム・ウォーターストンは、

今や娘のキャサリン・ウォーターストンが大活躍。


思えば、美加は新米ママの時代に本作を観たっけ…

幸せで自信にあふれているはずの”ママ"が、

おのれの感情のおもむくままに殺しまくれば、どうなるか!

家族思いの"ママ”は正しく、悪いのは殺された人々か???


すっかり小母さんふうになった キャスリーン・ターナーが

毒素を発散、最強ママを演じきる。

それを密かに応援してしまったら、

『ピンク・フラミンゴ』(’72)を観ずしても、

ジョン・ウォーターズの罠に どっぷりとハマることになるぞ!?
閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page