top of page

No.302『ショウほど素敵な商売はない』

1954年 アメリカ映画 ウォルター・ラング監督

(There's No Business Like Show Business)


”バックステージもの”にヨワイ美加。

本作はまさに”Born in a trunk”だものねえ!観るたびに泣ける!

作詞作曲をわれらがアーヴィング・バーリンが手がけた

感動のミュージカル映画である。

1919年から始まるヴォードヴィリアン、ドナヒュー一家の物語。

圧倒的存在感の母にエセル・マーマン。

細身で長身の父にダン・デイリー。

夫婦で歌って踊り、年々こどもが増えてゆく滑り出しが微笑ましい。

生真面目で歌が得意な長男にジョニー・レイ。

素晴らしいダンサーで美人の長女にミッツィ・ゲイナー。

脇が甘いプレイボーイの末っ子にドナルド・オコナー。

3人きょうだいのバランスもゴキゲン。

そして、5人家族に新風を吹き込む野心あるセクシー・ガールに、

マリリン・モンロー!!!

マリリンだいすきな美加であるが、

本作では掛け値なしの彼女の底力を観ることができる。

あれだけセクシーな衣裳でお客に媚びる振付をして、

ニクめない個性はマリリン以外にありえない!

”After You Get What You Want”はマリリンの歌唱のなかでは

かなり高いランキングに入れたい出来なのに、

何故かコンピCDに入っていないのよね・・・

なにか訳があるのかしら?

母の強さを全身で示したエセル・マーマン。

彼女の歌も姿も決して好みではないが、

ラスト近くのソロ・シーンでは必ず涙、涙・・・

笑いと涙で心の憂さを吹き飛ばせる

ミュージカル作品は多くない。必見の一作!

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page