top of page

No.287『知りすぎていた男』

1956年 アメリカ映画 アルフレッド・ヒッチコック監督

(The Man Who Knew Too Much)


オーケストラに於けるシンバルの出番がフィーチュアされる

ファースト・ショットから胸騒ぎ…


ジェイムズ・スチュワート扮する医師ベンと、

ドリス・デイ扮する妻で歌手のジョー夫妻が、

幼い一人息子ハンクを連れて、モロッコ旅行に来ている。


エキゾティックな雰囲気たっぷりの見せ場が続くなか、

一家はヒッチお得意の"巻き込まれ型ファミリー”と相成る!


謎の男に扮するのは、フランス映画界のスター、ダニエル・ジェラン。

夫妻がキイワードを手繰り辿り着いた剥製製造所、

怪しげな教会などなど、ヒッチの腕が冴え渡る。

終盤近く、歌手であり母であるジョーが、

オスカーを受けた歌曲”ケ・セラ・セラ"を歌うシーンは、何度観ても涙がこみ上げる。

「人生は成るように成る」なんて思ったことは、一度もないのに!

ニヒリストのヒッチによる親子の人情劇は珍しく、おまけにキメどころが粋。

オリジナルも観たはずだが、やはりセルフ・リメイクの本作が強い。

"Mother's Voice”により、強化されているのである!

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page