top of page

No.280『サラバンド』

2003年 スウェーデン映画 イングマール・ベルイマン監督

(SARABAND)


枯葉に縁どられた、老いた嘗ての夫婦。

“ア”の項で紹介した『ある結婚の風景』('74)の続編であり、

イングマール・ベルイマンの遺作。

エルランド・ヨセフソンとリヴ・ウルマンが芳醇たる演技を見せる。

80代で隠遁生活を送る男のもとを30年ぶりに訪ねる別れた妻。


出くわすのは最初の妻との間の息子、その娘。

4人の男女が奏でる愛憎劇、

ベルイマンでなければあり得ない組み合わせではないか!


あたかも舞台劇のように台詞が飛び交うなか、クロースアップが怒涛の如く迫りくる。

そして、心の琴線を掻き鳴らすのはチェロの官能的な音色。


「自らの人生は女たちとの人生」と言って憚らないベルイマンは

生涯に5回の結婚歴があるが、

別の形で彼と公私ともにパートナーシップを築いていたのが、リヴ・ウルマンである。 彼女はまさしく60代にして最後のミューズを努めあげたわけだか、

インタヴューでの「イングマールは本作で初めて、

理解し合おうと手を差し伸べたのではないか」という言葉は胸を打つ。 ベルイマン作品『叫びとささやき』('73)で始めた”サ“から始まる手持ちの映画は、

彼の遺作で幕を引こう。

次回から“シ”に移るが、意外にも126作あり、選ぶのが大変そう!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page