top of page

No.278『三人の狙撃者』

1954年 アメリカ映画 ルイス・アレン監督

(Suddenly)


フランク・シナトラのディスクは何十枚も所有しているが、

本作のような地味ながら完成度の高い映画を観なおすと、

改めて彼のキャリアに感心する。


街道にオープンカーがやって来る。

運転者する男は居合わせた警官に町の名前を訊く。

「突然」(Suddenly)と警官。

「突然なんだ?」(Suddenly what?)と男。

原題である“Suddenly”という小さな町の名前が

象徴的に繰り返されるオープニング。


長身でがっしりとした体躯のスターリング・ヘイドンが保安官姿で登場。

幼い男児とのやりとりで、未亡人である母親に思慕の情があるとわかってくる。

母子と舅が暮らす家は、駅を見下ろす高台にある。


現われるシナトラと二人の男たち。

タイトルが予告しているわりには唐突ではない(笑)

シナトラは顔つきですぐに役柄が推察できる。

レコード・ジャケットとは違いすぎる表情だものねえ!

極めて分かり易い運びでありながら、 脚本や小道具が上手く働きテンションが持続する。

善人も悪人も戦争の傷を引きずりながら、

暴力に対して非暴力では抗えないという酷い現実。


凝縮の76分間、ラスト10分は手に汗握る!声が出る!

我らが”Frankie“憎まれ役、ご苦労さま!

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page