top of page

No.275『サムライ』

1967年 フランス・イタリア合作映画 ジャン=ピエール・メルヴィル監督

(Le Samourai.)

アラン・ドロンほど“死”のイメージと結びついた美男スターが存在しただろうか。

ラスト・シーンでの死はもとより、

あとは死刑台へまっしぐらという暗示の作品もあり、

主演作で生き続ける役のほうが思いつかない。

J.P.メルヴィルは語り過ぎず、視覚に訴える可能性を追求した映画作家。

このうえなくフォトジェニックなアラン・ドロンを好まないはずがない。

薄暗く孤独なアパルトマンの一室に金属的な小鳥の声だけが響き、

煙草の煙とともにドロン扮する殺し屋が目覚めるファースト・シーンから、

最初の台詞を聞くまで確か10分以上ある。

その静けさをもたせるのが、ドロンの美しさなのである!


トレンチ・コートをはおり、

ボルサリーノ・ハットの鍔(つば)を両手の指で整えるドロン。

ああ、いつまでも観ていたい!

添え花で注目したいのは、娼婦に扮した当時のアラン・ドロン夫人ナタリーより、

ジャズ・ピアニスト役のブラック・ビューティ、カティ・ロジェ。

今ならハリー・ベリーというところか。

“美男薄命”は無いらしく、ドロンは長命を保っているが、

本作にインスパイアされた1999年ジム・ジャームッシュ作品

『ゴースト・ドッグ』( ”コ“の項で紹介)を、ご本人は観たのだろうか。

J.P.メルヴィル作品は”ウ”の項で『海の沈黙』

”カ”の項で『影の軍隊』を紹介してあるので、どうぞ参照あれ。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page