top of page

No.274『さらば箱舟』

1984年 日本映画 寺山修司監督

『さらば箱舟』(Farewell to the Ark)


半紙に書かれた言葉、言葉、言葉・・・。

名詞ばかり連なる寺山修司の短歌を想起させられる。

寺山の映画作品は短編も含め随分と観たが、本作が遺作である。

貞操帯という道具。

女性の人間性を悉く侵害するグロテスクな代物。

艶姿が似合う女優・小川真由美が、坊主刈りに貞操帯装着という、

ショッキングな姿で宿命の女・スエを演じる。

憤懣を眼光に秘めた山崎努、男の獣性全開の原田芳雄。

この三つ巴、おどろおどろしく、狂おしい。


本作は確かに劇場で観た筈であるのに、パンフレットが見当たらない。

騙し絵のような127分を反芻し、山崎努扮する捨吉の如く、

記憶を操作されてしまったのではないかと怯えるしかない。


G.G.マルケス作品の映画化は『エレンディラ』(’83)『コレラの時代の愛』(2007)を観たが、

本作『さらば箱舟』はかなりの別ものか。


カラー・着色映像・黒白映像が交錯するループのストーリーは、

捨吉とスエの逃れられないさだめを見せつける。


ラスト・シーンは寺山にとっての死後の世界なのだろうか・・・

閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

댓글


bottom of page