top of page

No.271『三十九夜』

1935年 イギリス映画 アルフレッド・ヒッチコック監督

(The 39 steps)

ヒッチコック作品は30作以上を観ているはずだが、

一度しか観ていない作品もある。

殊にイギリス時代の黒白作品は、

後期のカラー作品に較べて記憶を辿りにくい気がする。

そんなわけで、”サ“から始まる手持ちDVDの21作目は

久々に『三十九夜』を選んだ次第。

キイワードは“Memory Man”

どんなことでも記憶できるという男であり、

エンタテイナーとしてステージに立っている。

観客の自由な質問に、何でも答えられる男なのである。

まずはこのキャラクターを観客に見せつける手法が手練れ。


カナダからイギリスにやってきた外交官が、

謎の女に誘われ事件に巻き込まれる。

ヒッチの得意分野である”巻き込まれ型主人公”の元祖を演じるのは、

色男ロバート・ドーナット。

予想外の展開に於ける演出はこの時代からピカイチ!

「小指がないのは、どっちの手かね?」の台詞、ああ、ぞ〜っとする!

ヒッチ初期作品を観るにつけ、

如何に現代の映画が無駄に長いかを痛感する。

凝縮の88分間、これでいいのだ!

我が青春時代のデイヴィッド・リーン作品『インドへの道』(’84)に於いて

77才にしてオスカー(助演女優賞)を受けた

ペギー・アシュクロフトの初々しい姿も観られる一作。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page