top of page

No.227『コーヒー&シガレッツ』

更新日:2023年4月12日


17歳でフレンチ・ローストを教えられ、コーヒーにハマった。 年上の友達もたくさん出来た。 デミタスカップでコーヒーを飲むことがカッコイイことであり、 頭も冴える気がした。 ジャームッシュ作品と出会う、10年ほど前のこと。

本作はジャームッシュが長間あたためてきた構想をまとめ上げた、 コンセプト短編集。 モノクロームの画面から、煮詰めたコーヒーの匂いが漂ってくる。 そう、我が青春の彼方に香る、芳しいコーヒーじゃないのよね! 見当違いの出逢い、堅苦しい会話、突拍子もない出来事などなど、 只々、苦みでやり過ごすためのコーヒーが、 次から次へと注がれてゆく可笑しさ。

コーヒー&シガレッツ (3).jpg
コーヒー&シガレッツ (2).jpg
コーヒー&シガレッツ.jpg

煙草は十八歳で初体験、二十歳で止めた。 今でも夢のなかではたまに吸うことがある。 相手から暫し目をそらしたいとき便利なツールだが、

もう現実世界で吸うことはないだろう。

本作の数多い登場人物たちのなか、

美味しそうに煙草を吸うのは、 謎の美女ひとりだけ。 あとは居ずまいの悪さを誤魔化すために 吹かしているだけに見える。

ミュージシャンとの付き合いの多いことでも知られる ジャームッシュならではのスペシャルなキャスティングが嬉しい。 全11話の”Short Stories to Relax” さて、貴方のお気に入りは?

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page