top of page

No.222『コッポラの胡蝶の夢』

更新日:2023年4月12日

2007年 米・独・伊・仏・ルーマニア合作映画 フランシス・フォード・コッポラ監督 (Youth Without Youth)

幻想譚という謳い文句を見るにつけ心惹かれるが、 映像化となると苦労の種に違いない。 フランシス・F・コッポラが8年間映画製作をせず、 66歳にして欲求不満に苛まれていたときに出会った このうえなく幻想的な物語である本作の原作は、 世界的な宗教学者ミルチャ・エリアーデによるもの。

コッポラの胡蝶の夢 (3).jpg
コッポラの胡蝶の夢 (2).jpg

人間にとって永遠の願望とも呼ぶべき出来事が、或る男に降りかかる。 悲劇のあとの余りに唐突な変化に、男の運命は動かされてゆく。 主人公ドミニクに扮するのは、演技派ティム・ロス。 小柄な体躯に面長、くぼんだ目元、 エキセントリックな役柄が似合うこの名優は、 あっという間に観客を”幻想譚”に引きずり込む。 人は何処から来て、何処へ向かうのか。 私たちの人生の真の意味とは?

コッポラの胡蝶の夢.jpg

CGを押し出しすぎるとSFの印象が濃くなり、 力み過ぎるとホラーまがいにもなりがちな題材を、 抑制を効かせた演出で仕上げたコッポラ。 『ゴッド・ファーザー』(’72)の栄光を 持ち出すまでもない立場でありながら、 資金繰りせずに自作を自費で作りあげる インディーズ精神に立ち還ったことに拍手! 美加がコッポラを見直した、渾身の一作である。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page