top of page

No.211『コレクター』

更新日:2023年4月12日

1965年 イギリス・アメリカ合作映画 ウィリアム・ワイラー監督 (The Collector)


”コ”から始まる手持ちのDVD作品を観なおしていこう。 意外に多く80作ほどあり、まずは本作を手に取る。 1970年代後半、10代であった美加のまわりには、 映画の魅力を教えてくれる”大人”が何人かいた。 「美加ちゃん、テレンス・スタンプ、知っている?」と けだるい眼差しで訊いた9歳年上の男性。 今おもえばバイ・セクシャルだったのかなあ。 不思議な美男子だった。

鮮やかな黄緑色の草原で蝶を捕まえる青年。 テレンス・スタンプの碧眼が妖しくきらめく。 地下室のある古い屋敷を見つける青年。 そして、次に彼が”収集”し始めるのは・・・

コレクター.jpg
コレクター (2).jpg

密かに想いをつのらせていた美大生を拉致する青年。 ターゲットに扮するサマンサ・エッガーが美人すぎないところが生々しい。 初めて観たときは、すっかり彼女の立場になり、恐怖と絶望に苛まれたっけ・・・

久々に観なおし、あたかも戯曲のような脚色を演じきった 二人の俳優の熱演以外にも、サイコ・スリラーというより、 寓話性を強く感じた。 価値観の違う男と女の、永遠に不毛な駆け引き。

折しも、現代の20代男女の恋愛経験率の少なさに関する 報道を見たばかりであり、コミュニケイションが 必須項目でない若者たちへの心配がつのってしまった。

ちなみにテレンス・スタンプは御年83歳、妖しくカッコイイ俳優であり続けている。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page