top of page

No.193『クラッシュ』

更新日:2023年4月14日

2005年 アメリカ映画 ポール・ハギス監督

(Crash)

群像劇に挑むひとは果敢。 今は亡きロバート・アルトマンはその名手であったと信じるが、 一筋縄では極められないジャンル。 ”ウ”の項でアルトマン作品『ウエディング』(’78)を参照して貰えると嬉しい。

ポール・ハギスはチャレンジングな監督デビュー作『クラッシュ』で、 オスカー(作品・脚本)を獲得した。 前年にクリント・イーストウッド監督・主演作『ミリオンダラー・ベイビー』の脚色により、 オスカー・ノミニーとなり、本作で花ひらいたという感。

クラッシュ (2).jpeg
クラッシュ.jpeg

舞台となるのは、クリスマスが近づいたロスアンジェルス。 マット・ディロン、サンドラ・ブロック、ドン・チードル、テレンス・ハワードなど 主演級のスターから、渋い脇役陣まで、 人種の異なる14名の主要キャストが存在感を競う。

人と人が衝突(Crash)しあうことが少ない大都会に於いて、 ひとつの出来事が連鎖反応のように、人と人を愛憎で繋いでゆく。

観おわったあと、ビールを飲みながら、 ああだこうだと話が出来る映画が好き。 互いの記憶を探り合いながら、 共犯意識のような絆が生まれる、そんな力作である。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page