top of page

No.192『クォ・ヴァディス』

更新日:2023年4月14日

1951年 アメリカ映画 マーヴィン・ルロイ監督

(QUO VADIS)

マーヴィン・ルロイ監督作と言えば、ヴィヴィアン・リー主演の『哀愁』(’40)や、 グリア・ガースン主演『心の旅路』(’42)など、 10代後半から20代前半にかけて、名画座で観た作品が印象深く、 何となく”女性映画の監督”的なイメージを持っていたかも。

歴史大作『クォ・ヴァディス』に於いても、女性の存在が大きな位置を占めている。 ”エレガント・ビューティ”と呼びたいデボラ・カーの美しさが際立つ。

クォ・ヴァディス (4).jpeg
クォ・ヴァディス (3).jpeg

舞台は皇帝ネロが支配するローマ帝国時代。 3年に渡る遠征を終えてローマに凱旋した将軍マーカスに扮するのはロバート・テイラー。 デボラ・カー扮する、美しく毅然とした娘リジアに一目で惹かれるが 彼女が禁制のキリスト教信者であることを知る。

クォ・ヴァディス.jpeg

暴君ネロに扮するピーター・ユスティノフが出色。 ぽってりとした童顔の、未熟さを内包するゆえに 残虐なネロを、大きな子どものように息苦しく演じる。 憧憬と信頼を寄せるペトロニウスの最期の手紙を読むシーンは笑えない!

そうそう、ペトロ二ウスに純愛を捧げる

美人奴隷ユーニスに扮したマリナ・ベルティの魅力も忘れ難い。

やはりルロイ監督、女優選びの目に長けている。 戦争は殺戮。止められるのは信仰なのか、人間の心なのか。 ライオンに食い殺されるのも、爆撃されるのも、命を落とすことに変わりはない。 今、観なおして、考えたい一作。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page