top of page

No.191『群衆の中の一つの顔』

更新日:2023年4月14日

1957年 アメリカ映画 エリア・カザン監督 (A Face In The Crowd)

下卑て脂ぎった顔、目を爛々とさせ、野太い声で歌う男”Lonesome Rose” 留置場に入っていた放浪者が国民的スターになってゆくさまを、 映画初出演にして、全身全霊で演じきったアンディ・グリフィス。

エリア・カザン作品は”エ”の項の『エデンの東』(’55)、 ”カ”の項では『革命児サパタ』(’52)を紹介したので、 本作が三作目か。 人間の本性をあぶり出す数々のドラマを産み出したカザン監督だが、 アンディ・グリフィスを起用した本作ほど観客が没入しやすい作品は他にない。

群衆の中の一つの顔 (3).jpg
群衆の中の一つの顔.jpg

”Lonesome Rose”を見い出すラジオ局社長の姪マーシャに扮するのは、 老け顔にしゃがれ声の演技派パトリシア・ニール。

婚期を逸した知的なお嬢様が、むき出しの”男”である ローズに傾いていくのは当然の成り行きだが、さて、最後に笑う者は・・・?

群衆の中の一つの顔 (2).jpg

マーシャに惹かれるインテリにウォルター・マッソー、 10代のリー・レミックのバトン・ガール姿は映画ファン必見! ”Lonesome Rose”と相乗りする126分のローラー・コースターへ、ようこそ!


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page