top of page

No.189『黒い罠』

更新日:2023年4月14日

1958年 アメリカ映画 オーソン・ウェルズ監督 (Touch of Evil)


ファースト・ショットの長回しは、何度観てもカッコイイ! 舞台・状況・人物設定を3分余で観客に知らしめてもいる! さすが、ウェルズ!

メキシコ人の麻薬捜査官にチャールトン・ヘストン。 白人の美人妻にジャネット・リー。

ハネムーンで訪れた国境の町で、 事件に巻き込まれる主人公カップルの運命や如何に・・・ この邦題、うまく付けているよねえ!

黒い罠.jpg
黒い罠 (2).jpg

オーソン・ウェルズは監督・脚本・出演をこなす。 巨体に脂ぎった顔をさらし、悲惨な過去をもつ刑事を スクリーンをぶち破るが如き迫力で演じる。 厭味と観るか、熱演と観るかで、評価は分かれるはず。

光と影の演出、人種間に於ける確執を見せつけ、 アクの強いヘストンの影が薄いのが笑える。 ジャネット・リーのスケープ・ゴートとなるべきしどけなさ、 マレーネ・ディートリッヒの妖しい婀娜っぽさ、女優陣が蠱惑的。

盗聴シーンからラストまでのクライマックスは圧巻! 多くの映画作家に影響を与えた、影の名作であることに間違いはない。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page