top of page

No.180『飢餓海峡』

更新日:2023年4月20日

1965年 日本映画 内田吐夢監督


小柄な娼婦が大男を部屋に引き込む。 膝枕で爪を切ってやる。 二人の共通点は”貧しさ”だけ。 娼婦は男の爪を、肌身はなさず持ち続ける・・・

物語の始まりは昭和22年、 青函連絡船の事故と、強盗事件、放火事件が絡まってゆく。 映し出されるのは、暗い海に、うねる波。 大男に扮する三國連太郎、小柄な娼婦に左幸子。 まさに丁々発止の大熱演と思いきや・・・

飢餓海峡2.jpg
飢餓海峡3.jpg

これでもかと”動”の演技を見せつける左幸子に対し、 見た目の押し出しとは裏腹に、案外演技を押し付けない三國。 久々に観なおしたが、いやあ、三國の勝ちかな。

キイとなる”読経”が得意な刑事に扮した伴淳三郎、 水もしたたる美男ぶりの若き高倉健など、脇も固められている。

飢餓海峡.jpg

古い日本映画に強い我がパートナーいわく、 「藤田進さんが渋いよね」とのこと。 そうか、確かに・・・黒澤組でもある名脇役。 休肝日にまんじりともせず、二人そろって観なおした183分。 思えば、”シネマニア”同士でなかったら、 パートナーシップ33年目に突入していなかったか? 鑑賞後にああでもない、こうでもないと、 映画について話せることは、ありがたきこと!

今回で”キ”から始まる手持ちのDVD紹介は終わりとし、 次回からは”ク”から始まる作品を観なおしていきたい。 予想外に62作あり、選ぶのが楽しみ!乞うご期待!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page