top of page

No.179『危険がいっぱい』

更新日:2023年4月20日

1964年 フランス映画 ルネ・クレマン監督 (Les félins)


ルネ・クレマン&アラン・ドロンと言えば、 何といっても『太陽がいっぱい』(’60)! 子どもの頃、テレビ放映で何度観たことだろう。 あの大ヒット作から4年後に、クレマンがドロンを三度目に起用したのが本作。 ドロンの妖しい美しさがここでも炸裂、されど、女優陣も負けてはいない。

ドロンよりひとまわり近く年上であるローラ・オルブライトのバービー人形のような脚、 26歳のジェーン・フォンダの張りのあるバスト、そして、この二人の女の”ワル”ぶり!

危険がいっぱい2 (2).jpg
危険がいっぱい2.jpg
危険がいっぱい.jpg

モノクローム映像を占めるネオ・ゴシック調の邸は 忍者屋敷も真っ青の仕掛けだらけ。

注目すべきは、原題(Les félins)が示す、猫ちゃん! 空前の猫ブームが続くなか、 すっかり”癒し系”の役割が定着した猫ちゃんだが、 この時代は”ワル”のイメージがあったのよね。

善人の登場しない本作、悪女たちのお道具的な位置に、 タイトルの猫が居る。 おデブの猫ちゃんも、ラストに登場するふわふわした毛の仔猫も 超カワイくアヤシいぞ~! 映画ファンだけでなく、”Cat Person”たちもチェックして欲しいな。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page