top of page

No.176『奇跡』

更新日:2023年4月20日

1954年 デンマーク映画 カール・テオドール・ドライヤー監督 (Ordet)


空の広い田園風景から、 窓辺であどけなさの残る面差しの青年が ベッドから起き上がるファースト・ショット。 地主の三男坊である。 彼は老齢の父親を起こし、長男の嫁、長男が起き出す。 皆、乱心の次男がまたもや徘徊しているのかと、 案じているのである。 舞台劇さながらに徐に登場する人物たち。 無駄を省いた、静謐な画面構成。

奇跡.jpg

大きなお腹で一家を担う長男の嫁は、 幼い二人の娘を育てながら、頑固なやもめの父親、無信仰の長男、 自らをキリストと信じ込み乱心とされる次男、 宗派の違いにより結婚を許されない娘と 恋仲になっている三男を抱えている。 彼女の気苦労を知るはずの父親は、 「息子を産むこと以外は何でも出来るんだな」などと、 残酷な言葉を吐く。然もユーモラスに!

奇跡2.jpg

落胆も、希望も覆い隠して、淡々と描かれてゆく一家の運命。 ”Key Person”は長男の幼い長女。 彼女の微笑みが、すべてを贖う。無邪気な救いの微笑み。 ”無垢”な存在のみが救済となるというテーマは、 この後も映画のなかで 永遠に受け継がれてゆくことになる。 映画こそ、奇跡!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page