top of page

No.173『銀河』

更新日:2023年4月20日

1968年 フランス・イタリア合作映画 ルイス・ブニュエル監督 (La Voie Lacte)

ルイス・ブニュエル作品群は殆どを観てきたはずだが、 何しろ精力的な多作家であったため、 先日ある配信サーヴィスで、これまで観ていない 1950年代の作品が見つかり観賞。まだまだ出てくるかも。

本作『銀河』は1980年代に、テレビの深夜放送で観た。 本編が始まるとCMが入らず、一気に観られるのが”売り”の番組だった。 奇妙奇天烈な構成に、煙に巻かれて眠気が吹き飛んだことを思い出す。 ブニュエル作品を「不条理劇」と括る人は多いが、 テーマは各作品ごとに違うと信じる。

銀河.jpeg
銀河 (2).jpeg

『銀河』はキリスト教に対する風刺・批判と捉えるより、 キリスト教をネタに繰り広げられるブニュエル・ワールドと読みたい。

一見、流れと関係なく現れるエピソードに、 ブニュエル作品常連のミシェル・ピコリが登場することを今回観なおして気づいた。 一瞬なのだが、異常さを発散させて流石の存在感! ブニュエル&ピコリと言えば、ジャンヌ・モロー主演の『小間使の日記』(’63)でしょう! ああ、また観なおしたくなるなあ・・・

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page