top of page

No.167『疑惑の影』

更新日:2023年4月23日

1943年 アメリカ映画 アルフレッド・ヒッチコック監督 (Shadow of a Doubt)

ヒッチコック作品は40作くらいは観たかなあ。 ”ウ”の項で紹介した『裏窓』は、最も華やかなりし’50年代の作品だが、 イギリス時代の作品、そして本作『疑惑の影』ほか、 ハリウッド初期にも観なおしたい作品が並ぶ。

”巻き込まれ型主人公”は、ヒッチコック作品の知られるキャラクターであるが、 本作の主人公は若く利発な娘。 演技派、テレサ・ライトが扮するチャーリーである。 実際は24~25歳であったはずがだが、清楚な容貌ゆえ、 幼い妹と弟のいる18~19歳とおぼしき長女役がピッタリ。

疑惑の影.jpeg
疑惑の影 (3).jpeg

平凡な家庭に飽き飽きしているチャーリーのもとへ、 母の末弟であるダンディな叔父がやってくる。 同じく”Charlie”という名を持つ、魅力的だが謎めいた男に扮するのは、 長身のジョセフ・コットン。

ヒッチならではの、不安感を煽る効果抜群のショット満載! 比較的善人役の多いコットンが、最後の最後まで、 謎に包まれた叔父を演じる。 うわあ!こういうラストだったっけ! 釈然としないプロットが気になって眠れなくなる。 あの舞踏会、あのワルツについて、誰か説明してくれ~!!!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page