top of page

No.163『去年の夏 突然に』

更新日:2023年4月23日

1959年 アメリカ映画 ジョゼフ・L・マンキウィッツ監督 (Suddenly,Last Summer)

エリザベス・テイラー、モンゴメリー・クリフト、 そしてオスカーを4つ持つキャサリン・ヘプバーン、 3大スターが名を連ねる本作、初めて観たときは、 言い知れぬ恐怖に苛まれた記憶がある。そう、”トラウマ”という言葉を まだ知らなかったにも拘わらず、トラウマを抱えそうになってしまったのだ。 見せかた、語りかたの勝利に尽きない。

デコラティヴな家庭内エレヴェーターで君臨するキャサリン・ヘプバーン! このエレヴェーター、カルチュア・ショックだったっけ。 こういう映像体験こそ重要なのよね。キャサリン扮する富豪の初老婦人に呼ばれた 脳外科医にモンティ、ロボトミー手術の対象は艶やかなリズ・テイラー。

去年の夏 突然に (2).jpeg
去年の夏 突然に.jpeg

テネシー・ウィリアムズの映画化作品は数あれど、 同性愛が封じ込められていた時代に、映像表現は至難の業。 リズの豊満な肢体が黒白映像で映し出されるが、 当て馬となれば、ますますエロティック。

台詞で責めて、映像のイメージでケリをつける 乱暴さは否めないが、何度観ても心をざわつかせる効力は絶大。 何度でもリメイクされ、語られて欲しい、 異色のストーリーではないだろうか。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page