top of page

No.155『喝采』

更新日:2023年4月24日

1954年 アメリカ映画 ジョージ・シートン監督 (The Country Girl)


名歌手ビング・クロスビーがファースト・ロールを演じ、 セミ・ミュージカルの設えもありながら、 派手さのない一作である。 原題”The Country Girl”がすべてを物語っている。 グレース・ケリーが扮した、落ち目のミュージカル・スターの妻ジョージーこそ、 タイトルにある地方出身女性なのだから。

ヒッチコック作品などで、華やかなメイクアップとセンスの良い衣裳で 気品ある美しさを振りまき、 映画ファンの心をときめかせてきたグレース・ケリーが、 素顔に近いメイクで、年かさの夫を支え続ける悲劇の妻を演じる。 夫役のクロスビー、演出家に扮するウィリアム・ホールデンらでなく、 このジョージーという女性を見つめるべきストーリーと、わかってくる。

喝采 (2).jpeg
喝采.jpeg

数々のミュージカルに出演し美声を発揮、 明るく善良な主人公を演じてきたクロスビーが、陰の部分を持つ男に扮する。 麗しのグレースが地味な主婦に扮するのと同じくらいに珍しいこと。

然し、役者は意外な役で評価されるもの。 本作でグレースはオスカー(主演女優賞)を受けた。 『スタア誕生』で候補となっていたジュディ・ガーランドが、 ほぞを嚙んだというエピソードは知られるところだが、 演じすぎるジュディが、グレースの懸命さに負けたのも納得できる。 今回、観なおして感じたが、グレースの演技には 「どう?私、うまいでしょう」という雰囲気は微塵もない。

ジョージーが田舎町を出て、年の離れた夫と結婚するに至る 細かいエピソードがもう少し語られて欲しかったな。 戯曲をベースにした、台詞が主体の作品なればこそ!


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page