top of page

No.152『カサブランカ』

更新日:2023年4月24日

1942年 アメリカ映画 マイケル・カーティス監督 (Cassablanca)

我が恩人のひとりである 今は亡きジャズ評論家・プロデューサーの大滝譲司氏から、 こんなクイズを出されたことがある。 「美加、『カサブランカ』で”As Time Goes By”が流れるまでに、     何曲ジャズソングが使われたか知ってるか?」 まだ20代であったし、本作も一回しか観ていなかったから、 咄嗟に答えられなかったっけ・・・

カサブランカ (3).jpeg
カサブランカ.jpeg

ハンフリー・ボガート扮するリックが経営するカフェにカメラが入っていくと、 ピアニストのサムの弾き語りが聞こえてくる。 まずは”It Had to be You”我がレパートリー。次に”SHINE”替え歌かな? 昔、母マーサが歌っていたものと歌詞が違う。 そして、”The Very Thought of You”こちらも我がレパートリー。 えーと、これは”Put on a Happy Face”かな?ピアノだけで歌無し、 台詞がかぶってくると確証しにくい。 一曲とばして、あ、これは”Heaven can Wait”だな! やっと、イングリッド・バーグマン登場。サムに「あの曲を弾いて」とひとこと。 リックに止められているサムは、まずは”AVALON”を弾いてごまかす。 そして、いよいよ、”As Time Goes By”を歌い出す、 というわけ。促すバーグマンの拙いハミングがかわいい。 トライアングルのラヴ・ストーリーを時世の色に浸し、 ドラマティックに盛り上げた、永遠のシネマ・クラシック。

カサブランカ (2).jpeg

”As Time Goes By”をステージで何回くらい歌っただろうか。 とても数えきれない。 歌うたびに、バーグマンのうるんだ瞳と、ボギーのシニカルな表情が脳裏をよぎる。 さて、クイズ。高瀬鎭夫氏の名訳「君の瞳に乾杯!」 (Here’s looking at you,kid!)、 この台詞をボギーはいったい何回言うでしょう? 女としては、一度でいいから言われてみたい台詞よね!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page