top of page

No.150『悲しみは空の彼方に』

更新日:2023年4月24日

1959年 アメリカ映画 ダグラス・サーク監督 (Imitation of Life)

”セーター・ガール”の愛称で人気を博した セクシー女優ラナ・ターナーが、舞台女優として成功する野望を抱えた 子持ちのヒロインに扮する。 ファニー・ハーストの原作を映画化した『模倣の人生』(’34)のリメイク。

コニー・アイランドのビーチで出会った二組の母娘。 ラナ・ターナー扮する未亡人ローラとスージー、そして黒人女性アニーと、その娘サラ・ジェーン。 白人の父との間に生まれ、白人に見える美少女サラ・ジェーンを慕うスージー。 運命が4人の女性を動かしてゆく。

悲しみは空の彼方に (2).jpeg
悲しみは空の彼方に.jpeg

今回、何十年ぶりかで観なおし、「白人に見える」ということで、 人生に翻弄されていく美少女サラ・ジェーンのエピソードが 思いのほか多いことに気づいた。 原題”Imitation of Life”の意味を深く考えさせられる。

人は自分の人生を創って良いはずだが、つきつけられた真実にも苦しめられる。 サラ・ジェーンのあがきが心に痛い。 ラストに響く、マヘリア・ジャクソン(特別出演)の歌声を 救いにするしかないのだろうか。

そういえば、フランク・シナトラ、ナタリー・ウッド主演の 『最后の接吻』(’58)も印象に残っている。 手持ちはないが、観なおしてみたいなあ・・・

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page