top of page

No.129『オリエント急行殺人事件』

更新日:2023年4月25日

1974年 アメリカ・イギリス合作映画 シドニー・ルメット監督 (Murder on the Orient Express)

クセのある声が特徴的なイギリスの演技派アルバート・フィニーが、 名探偵エルキュール・ポワロに扮した唯一の作品。 大昔に原作も読んだが、やはりこのルメット版に親しみを覚える。 タイトル・バックにワルツが流れ、次々とスター俳優の名前が アール・デコ調の文字で出てくれば、喜ばない映画ファンはいない! 各国から集まってきた、ワケアリの乗客たち。 訛を聞き分けるのもまた一興。

オリエント急行殺人事件.jpg

キイ・ナンバーは”12”。12箇所の刺し傷、12人の容疑者。 雪で閉ざされた列車の瀟洒なサロンで、繰り広げられる謎解き。 シドニー・ルメット監督を知ったのは、『十二人の怒れる男』(’57) だが、12人の陪審員のなかの一人、マーティン・バルサムが、 本作ではポワロの友人ビアンキに扮し、ムード・メイカー的役割を果たす。 乗客のひとりであるヴァネッサ・レッドグレイヴは、 ”ア”の項で紹介した『アガサ/愛の失踪事件』(’79)に於いて、 アガサ・クリスティ本人に扮することとなる。 憎まれ役をこの上なく憎々しげに演じきった リチャード・ウィドマーク、往年の美貌とは見紛う地味な役柄で 三つ目のオスカーをゲットしたイングリッド・バーグマン、 ベルギー訛で皆を煙に巻きながら、 良心に賭けたポワロを熱演したアルバート・フィニー。 サウンド・トラックを手がけたのは、 ジャズ・ピアニストでもあったリチャード・ロドニー・ベネット。 ピンキー・ウィンタースの伴奏を務めたアルバム ”Rain Sometimes”は愛聴盤! ラストのサーヴィス・ショットも含め、映画人への愛を感じる、 ゴージャスなクライム・ストーリーに仕上がっている。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page