top of page

No.128『王子と踊子』

更新日:2023年4月25日

1957年 アメリカ・イギリス合作映画 ローレンス・オリヴィエ監督 (The Prince and the Showgirl)


マリリン・モンローはマシュマロ。ベイビー・ピンクの、 やわらかくて、指で触れるとはずむマシュマロ。

彼女の悲劇的な部分を知ってもなお、 あらゆる人の心を癒す、かの笑顔は永遠!

我が恩人の一人である評論家・川本三郎氏の著作 『ハリウッドの黄金時代』によれば、 1930年代に映画界でも活躍した”セックス・コメディの女王”であり、 小説や脚本も手がけた女優メイ・ウエストは、当時の女優たちを 悉くこきおろすなか、マリリンのことだけは「ユーモアがある」と 褒めたそう。わかる気がする。

王子と踊り子.jpg
王子と踊り子 (2).jpg

『王子と踊子』でのマリリンは、”ア”の項で紹介した『荒馬と女』(’61)”オ”の項の 『お熱いのがお好き』(’59)ほどではないがかなり肉付きが増し、ハガビリティ絶大。 架空の国の大公であるオリヴィエに見初められ、うろたえながらも魅力全開!

オリジナルはオリヴィエと当時の妻ヴィヴィアン・リーが共演した舞台劇であるから、 当然のことながら台詞が多い。無邪気なお色気をふりまきながら、 オリヴィエを相手に丁々発止のマリリンは,コメディエンヌとしても一流と証明している。 映画作品としては、言いたいことは多々あるが、 マリリンを観ているとやさしく穏やかな気持ちになれるから、 いいじゃないか!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page