top of page

No.126『おしゃれ泥棒』

更新日:2023年4月25日

1966年 アメリカ映画 ウイリアム・ワイラー監督 (How To Steal A Million)

今もって若い女性たちの”ファッション・アイコン”である オードリー・ヘプバーン。

彼女の出演した作品はすべて観ているはずだが、 さて、最もオードリーに合っていた役とは?

可愛らしさという意味では若いときに限る。 ”ウ”の項で紹介した『麗しのサブリナ』や、 出世作『ローマの休日』『昼下がりの情事』あたり。 人間ドラマとしては”イ”の項の『いつも2人で』”ウ”の項の『噂の二人』なども見応えあり。

おしゃれ泥棒.jpeg
おしゃれ泥棒 (2).jpeg

本作『おしゃれ泥棒』でのオードリーは30代後半にさしかかり面差しは皺も目立つが、 とにかくフォトジェニック! ジヴァンシーの白のスーツに帽子、白縁のサングラスで、 赤いオープンカーを繰り、登場するシーンなど、 グラマー・ビューティのマリリン・モンローや エリザベス・テイラーではピッタリこないはず。

贋作家である父親の仕業がいつばれるかと ビクビクしているお洒落な一人娘ニコルに近づくのは、 ブロンド、ブルー・アイズ、長身の”LAWRENCE”ピーター・オトゥール。 イーライ・ウォラックやシャルル・ボワイエも脇を固める。

ゴッホやピカソ、セザンヌ、何でも描いちゃうパパという、 アート絡みのストーリーも楽しめる。 『オーソン・ウエルズのフェイク』(’73 )なんて、想い出すなあ! 年増になっても娘っぽい可愛さを自然体で出せたオードリー。 ニコル役、もしかしたら最適役かも?

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page