top of page

No.102『大人は判ってくれない』

更新日:2023年5月4日

1959年 フランス映画 フランソワ・トリュフォー監督 (Les Quatre Cents Coups) 

今でも小さなカフェの壁に、とっくりセーターの襟を伸ばして 口を覆う少年のポスターを見ることがある。 亡き野口久光先生の手になる、アントワーヌ・ドワネルの姿。 途端にせつなさが込み上げる。 本作はトリュフォー監督の記念すべき長編第一作であり、 新しい映画の夜明けを見せつける、みずみずしい傑作。

大人は判ってくれない.jpeg

美しいモノクロームの街角を映していくカメラ。 低いアングルは、12歳の主人公アントワーヌの目線を想わせる。 いわゆる問題児である彼の日常を、説明を排除し、 少年の存在感のみを最大限に引き出すトリュフォー。 ヌーヴェル・ヴァーグの同士ともいえる、 ジャンヌ・モローやジャン・クロード・ブリアリなども友情カメオ出演。

大人は判ってくれない (2).jpeg

トリュフォーの分身的なアントワーヌを演じた ジャン・ピエール・レオーは、本作後も『二十歳の恋』(’62) 『夜霧の恋人たち』(’68)『家庭』(’70) 『逃げ去る恋』(’79)と、”アントワーヌ・ドワネル”を生きてゆくことになる。 この実験的にして類想のないシリーズを作り上げ、 さらに”愛のシネアスト”として普遍的な ラヴ・ストーリーの数々を紡いだトリュフォー。 52歳の死は早すぎるが、遺した名作を観る倖せが私たちにはあるのだ。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page