top of page

No.267『砂丘』

更新日:2023年3月25日

大橋美加のシネマフル・デイズ

1970年 アメリカ映画 ミケランジェロ・アントニオーニ監督

(ZABRISKIE POINT)


アントニオーニは景観に頼る映画作家であるとは認識していたが、

空からのアプローチ、砂漠でのメイク・ラヴ、

いくつもの肉体が砂まみれで絡み合うシーンが衝撃的。

イタリア人の映画作家がアメリカを描き倒す、刹那的なパッションを感じる作品である。


反体制紛争の只中にある南カリフォルニアのとある大学。

警官隊による死者を目の当たりにした主人公マークは構内を脱出、

空港で小型飛行機を拝借し、砂漠地帯へ飛び立つ。

ひとりで車を駆る若い女ダリアとの暫しの”TRIP”と相成る・・・


若者は死んではならないのに、映画は若者の死を描く。

描きつづけなければならないことこそ、悲劇。

本作の主人公を演じたマーク・フレチェットが実生活で若くして獄中死した事実も心に痛い。

ダリアを体当たりで演じたダリア・ハルプリンはデニス・ホッパー三人目の妻となった。

美しくも無残な爆発シーンは映画史上に燦然と炎上する。

純粋であることの虚しさを発散させながら燃える夕陽。


アントニオーニお得意の”愛の不毛”は、

”ア”の項で取りあげた『赤い砂漠』(64’)で観とどけて欲しい。

『砂丘』は彼の作品群に於いて”頽廃”を感じさせない稀有な一作かも知れない。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page