top of page

花色を弄びたる春の雨 魅歌

昨年、ジャズソング”The Night has a Thousand Eyes”を

レコーディングした直後に観た、

”千の眼をもつ桜”と呼ばれる見事な桜を

再び観ようと思ったのだが、時遅し・・・





でもでも、勝るとも劣らない石楠花がこんなに!

初夏の季語なので未だ使わずに、う~ん、どう詠むか・・・


ともあれ、この鮮やかさ!

春雨に濡れて色が増し、”Too marvelous for words”

これまた曲名が出る。


メモリアルな枝垂桜が未だ少し咲き残り、

珍しい薄紅色のマンサクも。

中野区でありながら、駅周辺の我が家とは異なり、

空が広く、草木も多いこの辺り。


来年は”千の眼をもつ桜”と再会が叶うか・・・?
閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page