top of page

純粋の色彩を観る秋深む 魅歌


倅の推しによりデイヴィッド・ホックニー展を観る。

実は誕生日に娘からもホックニーが両親を描いた葉書を

贈られ気になっていたが、

まだまだ開催しているよねと、 のんびり構えていたのだ。


ホックニーを知ったのは1980年代であったと記憶する。

プールサイドに海パン姿の若者が立っているような画が印象的で、

当時からゲイであることをカミングアウトしていたのだろう。

画風は好みであったが、彼の作品に触れる機会がなく時が流れ、

今回の展覧会に関する情報を『日曜美術館』で知り、

”巨匠”と呼ばれる存在になっていたことに驚いた次第。

高齢になってから手がけたiPadによる作品もあり、

まさにピュアな色彩にまみれる!

筆致が示されるコーナーもあり、

絵心はあれどコンピューターが苦手な美加も、

トライしてみたくなったぞ~!

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page