top of page

第29回『桃が丘リモート句会』

日曜日はコロナ禍でスタートし、29回を数える『桃が丘リモート句会』

兼題『土筆』:みどり  『桜餅』:洋子

参加者をご紹介しましょう。

上段左から

の~じ~-ジャズ&シネマ・ファン。

魅歌-呑ん兵衛のジャズ・シンガー。

一哉-弱冠12歳で夏井いつき組長とTV共演ありの27歳講師。

中段左から

裕家-有名教材会社を経て句作りを。

あみ-西洋占星術師&シンガーの京美人。

流樹-根性のワーキング・マザー俳人。

下段

みどり-謎の俳人。”CAT PERSON”らしい。

洋子-厨俳句の名手か?今回画像映らず!


不在投句

ねぼけ猫-有名広告代理店コピーライター。

枕流-中国故事を俳号に掲げる四国男児。

薫里-ジャズを愛する松山の妖精。

ひとつだけいただけますか桜餅 の~じ~


堅土を割りし土筆のやはらかさ みどり


去年より小さくなった桜餅 あみ


夜勤明けパックのつくしカゴに入れ 薫里(不在)


地主逝き土筆畑となりにけり ねぼけ猫(不在)


次回は一年ぶりの吟行!

4/30(日)新宿御苑予定、ご一報くださいね!



閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page