top of page

石楠花を背に想い人待つて居り 魅歌

石楠花が咲き始めたなあと思っていたら、

この木など、ほとんど満開状態・・・

季節は乱れながら早足で進んでいる様子。

人生は、味わいながらゆっくり歩みたいなあ・・・

艶やかな色をもつ派手な花でありながら、

緑の中で見かけると、山村の素朴な別嬪のようにも見える花。

背にして立っていたら、彩が映って自分もきれいに見えるような気がしてくる。


生徒のレッスン後、倅からLINEが来る。

明日は我がパートナーの誕生日であり、プレゼントがあるそう。

長女からも連絡があり、久々に集合することに。

いやはや、我が家は父親の人気高し!

手塩にかけたものねえ・・・

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page