top of page

炎昼やジオラマのなか逃げ込みぬ / 魅歌

数年前に知った、地元の鉄道模型製造販売会社『KATO』を 久しぶりに訪れる。 広々と涼しいスペースなのである。 鉄道マニアではないが、ミニチュア・グッズや 模倣作品は好きな美加、ジオラマ見学もなかなか楽しい。


ファンタジーの世界もあり! 線路の先は何処へ繋がるのかな?

白い髭の初老男性と小さな男の子が並んで ジオラマ部品を熱心に物色している。 こんな光景を見られるのも当店ならではかな?

閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page