top of page

彫刻を包み込みたる八重桜 魅歌

何年ぶりだろうか。

『彫刻の森美術館』にある”嘆きの天使”のまえに立つ。

我が子らが子どもだったころは一家四人で何度か訪れた場所だが、

この木が八重桜であることは知らなかった!

見慣れたオブジェが別の顔を現わす。




素晴らしい日和だが、突風が!

日傘の美加はメアリー・ポピンズになりそう!

平日の朝10時にしては人が多い。

西洋人観光客が目立つ。




『ポーラ美術館』のリピーターでもある。

現在は”部屋のみる夢”とタイトルされた特設展示が楽しめる。

モリゾ、ボナール、心が色彩に染まってゆく。

ハマスホイは一度実物を観てみたかったので嬉しい。

ベルイマンやタルコフスキー作品の一場面が彷彿となる画風。


撮影が許可されているため、さらに面白い写真が撮れた。

次回に乞うご期待!

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page