top of page

変身を遂げて憂うは藤の花 魅歌

百花繚乱であるはずが、季節の移ろいが早く、

心がついていけない。

すこし時を巻き戻し、”お屋敷町”の藤棚をご覧いただきましょう!

我が町・中野は再々開発中である。どうなっていくのだろう。

往年から”お屋敷町”と呼ばれていた区域には

今も『丸井』創設者邸があったりもするが、

集合住宅になってしまった土地も少なくない。

そのなかに一軒、我々が勝手に名付けた”藤棚邸”が存在する


今年も愛でさせて貰いましたよ!


我が家から徒歩5分ほどなので、ウォーキングで立ち寄れる。

”藤棚邸”のお陰で、生まれて初めて、藤の蕾(?)を観た!

蕾というより、蛹(さなぎ)のようであり、すこし不気味。


こんなに憂いを帯びた姿で花ひらくとは!

まるで”UGLY DUCKLING”だよなあ・・・


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentarze


bottom of page