top of page

ついてなくともとりあえず五月晴/ 魅歌

年一回の鼻からの内視鏡検査。
信頼するかかりつけ医で受けているが、今年は違和感あり!
挿入後、喉に当たっている感触が有り、リラックス出来ず…

予想どおり、逆流性食道炎の薬を処方される。
我がパートナーともに細胞診は無しで、ほっとするが、
いつもは隔年で良いと言われていた美加が
「来年も受けてくださいね」と。
これが、年を取るということなのか…





昨夜からの空腹を抱えて、いつも行く近所の食事処へ。

新メニューを注文してみるが、意外な酸味が感じられ、
店員に「これ、酢を使った味付けですか?」と訊く。
「いえ、使っていません、下げさせてください」とうろたえる店員。
我がパートナー注文の料理に問題はなく、食べて貰って帰宅。

午後は生徒のレッスンがあるため、
ストックしていた玄米粥に野菜や卵を足してリゾット風にし
空腹を満たして、ソファで休む。
ああ、お腹が痛くなったりしないと良いが…

何とか無事と確信でき、すこし歩きに出る。
10日に1回くらいは訪れていた店で、こんなことがあるなんて!
代金を取られず詫びられても、戻らない心情あり。
きちんとした料理を出す店と信じて、通っていたのになあ…

朝方の雨模様が嘘のような青空に白い雲。
心は晴れないまま歩く。
でもでも、お腹が無事で良かったあ…

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page