top of page

『Jazz Japan』最終号!

忌まわしむべき2023年酷暑の夏に、 ジャズへの情熱を燃やし続けたひとが亡くなった。


『Jazz Japan』誌の編集長であった三森隆文氏である。

言わずと知れた『スイングジャーナル』最後の編集長でもあったひと。

同年代であり、ジャズだけでなく映画ファンでもあり、

美加を歌い手としてだけでなく、

物書きとしても認めていてくれたひとであった・・・

発売中の『Jazz Japan』誌最終号に

美加15枚目のリーダー作

”My Mother’s Music”のディスク・レヴューが掲載されている。

解説は著名な評論家の高木信哉氏。

記念的な号であり、光栄の至り!

三森氏のはにかんだような表情が彷彿となる。

人の世は儚い・・・


久々に新宿『ハイアットリージェンシー東京』ロビーの

煌めくシャンデリアを仰ぐ。

お世話になっている”セントラルパークRC”諸氏に

”阿佐谷ジャズ・ストリート”

(10/20阿佐ヶ谷教会16:30~17:30出演)のご案内、


次はラジオ番組”美加のNice’N’Easyタイム”スポンサーである

『千代田テクノル』本社に番組同録CD-Rをお届け、

そしてステージ衣裳のリフォームのため、新宿『オカダヤ』にも立ち寄る。

いつも応援してくれている幼馴染みで沼袋『一の湯』の

美人女将にパンフレット&チケットを託して車中で微睡む。

さあ、明日は番組で紹介するヴェンダースの新作を観るぞ~!

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page