top of page

No.29『足ながおじさん』

更新日:2023年6月7日

1955年 アメリカ映画 ジーン・ネグレスコ監督 (Daddy Long Legs)

フレッド・アステアのタップ・ダンシングを観ると心が躍る。 実はよく、タップを踏んでいる夢をみるのだ。

夢のなかでは難なく脚が動き、かっこよく踊っているのだが、 醒めれば、はい、それまでよ~!

長女の瑠奈が5歳から15歳までタップを踏んでいたため、 レッスンやステージはイヤというほど観てきたからだろうが、

何ともチャイルディッシュな夢としか言いようもない。

ジーン・ウエブスターの児童文学を、 ネグレスコ監督がミュージカル化した本作を観たことがない人でも、

アステアと”足ながおじさん”を結びつけるはず。 身長はハリウッドでは低いほうだが、 長い脚と優雅な身のこなしはピカ一!

劇中でもカレッジのダンス・パーティのなかで若者たちを差し置き、 喝采を受けて踊る見せ場がある!


足ながおじさん.jpg

足ながおじさん②.jpg

主人公ジュリーに扮するレスリー・キャロンは、 ジーン・ケリーに見い出され『巴里のアメリカ人』で映画デビューした バレエ・ダンサー。

親しみやすい風貌と父方の母国語であるフランス語も堪能であり、 ’50年代ハリウッド・ミュージカルで重宝された。

若いころから、ちょっと”小母さん的”な面差しであったことが幸いしたのか、 踊らずとも役者としてキャリアを積んでいる。

そう、ルイ・マル監督『ダメージ』での ジュリエット・ビノシュの母役など、イイ味を出していたなあ・・・

ハイライトは何といっても、高級ホテルのバルコニーで、 アステアがキャロンに歌いかける”Something’s Gotta Give”

名作詞家として知られるジョニー・マーサーが作詞作曲した、 粋な歌詞を持つジャズソングである。

そういえば、美加も20代で初のニューヨーク録音の際、 この曲をヘレン・メリルの子息である アラン・メリルとデュエットした想い出もあったっけ。

大富豪の”足ながおじさん”とは出会えなかったけれど!

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page