top of page

『第三十五回桃が丘リモート句会』

日曜日は第三十五回桃が丘リモート句会。

兼題『野分』:洋子 『芙蓉』:一哉

以上各一句ずつ、当季雑詠二句、計四句提出。


参加者をご紹介しましょう。

上段左から

洋子-厨俳句の名手か?

魅歌-呑ん兵衛のジャズ・シンガー。

流樹-根性のワーキング・マザー俳人。


中段左から

の~じ~-JAZZ&CINEMAファン。

みどり-謎の俳人。”CAT PERSON”らしい。

裕家-有名教材会社を経て句づくりを。


下段左から

月待船-”ゴールデン街の眠り姫”の異名をもつイラストレイター。

一哉-弱冠12歳で夏井いつき組長とTV共演経験をもつ20代講師。


不在投句

ねぼけ猫-有名広告代理店コピーライター。

哉-30代の繊細な詩人。

枕流-中国故事を俳号に掲げる四国男児。

本日の一句


弟を父と見紛う望の月 流樹


数秒の自在の空やきりぎりす 裕家


石の上に切手のやうな秋の蝶 みどり


合葬墓参るは野分ばかりなり 哉(不在)


太陽をつかむしぐさで梨をもぎ ねぼけ猫(不在)


秋刀魚焼くグリルの音は静かなり 洋子


月満ちてかるがるとゆく猫の道 月待船


橙の陽に横たわる野分跡 魅歌


次回は10月22日(日)午後1時スタート、

興味のあるかたはご一報くださいね!

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page