top of page

No.266『猿の惑星』

更新日:2023年3月25日

大橋美加のシネマフル・デイズ

1968年 アメリカ映画  フランクリン・J・シャフナー監督

(Planet of the Apes)


自由の女神の実像を知るまえに、本作を観たと記憶する。

黒々とした巨大な女神像のインパクトが、

子ども心に刻み込まれた。

鼻息荒く喋る猿たちも然り。

役割分担されたゴリラ、オランウータン、

とりわけ表情豊かなチンパンジー・カップルの

ジーラ博士とコーネリアスのキス・シーンには興味津々だったっけ。

小学校低学年で観たんだものねえ…


ジーラに“Bright Eyes”と呼ばれることになる宇宙飛行士テイラーに扮した

チャールストン・ヘストンは、確かに明るい碧眼だが宇宙飛行士のイメージではない。


マッチョな肉体には原始人コスチュームがぴったりで、

別品リンダ・ハリソンをちゃっかり側女みたいにしながら、

言葉が通じないことをよそに、過去を愚痴ったりもする。

人間嫌いが猿の惑星で虐げられ、

友愛に目覚めるブラック・ユーモアの先に待ち受ける運命は?


美加としては、リカルド・モンタルバン登場の3作目をもう一度観たいが、

手持ちがないのよねえ…

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page